土地家屋調査士と司法書士との違いは?
「登記所」とは?
「表示に関する登記」とは?
土地又は家屋に関する調査、測量とは具体的にどのようなことをするのですか?
申請(嘱託)手続とは?
審査請求とは?
公共用地境界確定業務とは?
私有地の境界確認業務とは?
復元測量とは?
分割測量とは?
引照点測量・境界標の設置とは?
鑑定測量とは?
土地境界確認書とは?



土地家屋調査士と司法書士との違いは?

両者とも国家資格者ですが、業務内容は当然異なっています。
「土地家屋調査士」は、建物を増築、新築したり、取り壊したり、また土地の一部を分割するなどに関する登記(これらを「表示に関する登記」といいます)手続きを取り扱います。つまり、建物の規模や土地の用途、広さなど測量をともなうものを、登記簿に反映させます。 

「司法書士」は土地や建物を売買したり、相続したりまた抵当権を設定するなどに関する登記(これらを「権利に関する登記」といいます)手続きを取り扱います。つまり、第三者から知り得ないことを登記簿に反映させます。

ページトップへ

 

「登記所」とは?

土地や建物の存在する地域(行政区画が基準となります)に設置された、登記制度を運用する国家機関で、正しくは法務局若しくは地方法務局又はその支局若しくは出張所を登記所と呼んでいます。したがって、「登記所」という名称をもつ官公署があるわけではありません。一般的に「△△法務局◯出張所」と正しく呼ぶより、「◯登記所」と言った方がとおりがいいようですし、「◯登記所前」というバス停もあるようです。

 

ページトップへ

 

「表示に関する登記」とは? 

物を支配する権利(物権)の対象となる土地や建物の物理的状況(用途や広さ、規模など)を公示する登記であり、権利に関する登記の前提になるもので、具体的には登記簿の「表題部」というところになされる登記の総称です。
例えば、建物を新築した時の登記や土地の一部を売るときにする分筆の登記などが典型的な「表示に関する登記」といえます。

 

ページトップへ

 

土地又は家屋に関する調査、測量とは具体的にどのようなことをするのですか?


【土地について】

(資料等の調査)
登記所等の官公署や依頼者等からの資料の収集・調査分析をします。

(土地の位置・形状及び利用状況の調査)
土地の所在、地番、隣接土地との関係や利用状況等を調査します。

(所有者等の調査)
依頼された土地や隣接土地の権利関係等を調査します。

(筆界(一筆の土地の境界)の調査)
隣接土地との筆界がどこであるのか確認します。

(一筆の土地の測量)
確認された土地の筆界に基づき土地の広さ(地積)を測量します。


【建物について】
(資料等の調査)
依頼者や登記所等からの資料の収集・調査をします。

(建物の位置、隣接地等との関係の調査)
所在地番や隣接土地や類似建物がないかどうか等を調査します。

(建物の種類、構造、階数等の調査)
建物の利用状況や構成材料、屋根、階数等を調査します。

(建物の床面積の調査)
建物の各階の広さ(床面積)を測量します。

(所有者等の調査)
依頼者からの資料等により所有者等の確認をします。

(登記原因等の調査)
建物がいつ建築されたか等原因や日付の調査をします。

ページトップへ

 

申請(嘱託)手続とは?

調査・測量に基づき作製した登記図面(地積測量図・建物図面等)や、登記申請書類を整え登記を申請する行為であり、土地家屋調査士は依頼者に代わり表示に関する登記の申請(嘱託)手続きを行います。

 

ページトップへ

 

審査請求とは?

登記官が行った処分(登記の受理または却下)を不当とする利害関係人が不服を救済してもらおうとして、監督の法務局または地方法務局の長に対し裁決を求める行為であり、土地家屋調査士は不動産の表示に関する登記について、その手続を代理して行います。

 

ページトップへ

 

公共用地境界確定業務とは?

調査、測量する土地が公共用地等(道路や水路等)に接している場合、地方公共団体等にその境界の確定を求める業務をいいます。

 

ページトップへ

 

私有地の境界確認業務とは?

隣接民有地との筆界確認業務で、借地の境界や私道の位置を確定する業務も含まれます。

 

ページトップへ

 

復元測量とは?

境界石が不明である等、土地の筆界がわからない場合に既存の資料等から筆界点を復元する業務をいいます。

 

ページトップへ

 

分割測量とは?

一筆(一つ)の土地を、依頼者の求めに応じいくつかに分割し、その分割点の位置の特定や分割後の面積の測量をする業務をいいます。

 

ページトップへ

 

引照点測量・境界標の設置とは?

土地の境界に境界標(コンクリート杭等)を埋設するほか、その境界標が将来不明となった場合でも復元出来るように、建物等から筆界点までの距離や方向を測定する業務をいいます。
土地の境界標とは一筆の土地の境の屈曲点に設置された標識のことで、その土地の所有者が、排他的に使用できる範囲を客観的に定めたものです。境界が不明ということは、境界標が現地にないということで、登記されている土地が現地において特定できないということになります。大切な財産を管理するためには、境界点に、不動の永久標識を設置して、境界の維持管理することが最も大切なことです。

 

ページトップへ

 

鑑定測量とは?

土地の境界について争いが生じ訴訟中に、その解決のため、裁判所等からの依頼により主に土地の筆界に関する鑑定測量を行う業務をいいます。

 

ページトップへ

 

土地境界確認書とは?

関係土地所有者の立会いにより、確認した境界点を測量し作成した図面を添付し、後日の証しの為に作成する書類です。土地の分筆・地積更正登記の際に、境界を確認していることを証する書類でもあります。また、現在では土地の境界紛争がないことの証として土地の売買のときにも土地境界確認書を作成する取引が多いようです。
境界の立会いを行いましたら、確認書を取り交わしておきましょう。


*以下の確認書は一例ですが、様式に関しては事務所により独自なものがあります。


 

ページトップへ